お知らせ3

お知らせ3



HPB Tiny BASIC で素数を求めてみました。
どのような方法がいいのか迷いましたが、3つの方法を
考えてみました。
最初のは、2から順に割ってゆく方法。
次は、奇数だけを割る方法。・・・とその応用。
頭の体操になります。

ex1)

load
for i=2 to 50
s=0
for j=2 to i-1
a=i/j
b=a*j
if i==b then s=1
next j
if i==2 then s=0
if s==0 then print "prime " ;
:nn
print i
next i
end
eof



ex2)

load
print "prime 2"
print 
for i=3 to 50
s=0
for j=2 to i-1
a=i/j
b=a*j
if i==b then s=1
# if s==1 then j=i
next j
if s==0 then print "prime " ;
:nn
print i
i=i+1
next i
end
eof



ex3)

load
print "prime 2"
print
for i=3 to 100
s=0
for j=2 to i-1
a=i/j
b=a*j
if i==b then s=1
if s==1 then j=i
next j
if s==0 then print "prime " ;
:nn
print i
i=i+1
next i
end
eof



新製品をリリースしました。

HBP電子工作 モーターON-OFF セット

工作例:
モーター制御基板


HPBでモーターを制御したい。ON-OFFさせたい。
それを実現させるセットです。

2種類を用意しました。
・工作用モーター
・ウォーターポンプ

なんといってもHPBは8出力なので、
全部で8個をばらばらに制御できちゃいます。


今回は、1セットの構成ですが、ご要望があれば
セット構成を変更できます。お問い合わせください。


日野エレクトロニクス  HPB電子工作
ヒノエレ WebShop http://hinoelectronics.com/
日野エレクトロニクスは電子キットで工作の愉しさを訴求しています。



新製品をリリースしました。

[HCS]標準基板
LCDとPICマイコンを使うための標準基板をセットにしました。
工作例:
PIC_LCD基板

電子工作でLCDを使う場合、配線が面倒です。
配線を標準化すれば、ソフトウエアのライブラリも
作りやすくなります。

自宅で使っていて、便利だったのでこのたび
リリースすることにしました。

概要
・車載・無線で使われる12V対応のLDOが実装できる。
・16x2のバックライトつきのLCD対応
・RS232Cを使えるように電圧変換のトランジスタが実装可能


日野エレクトロニクス  HPB電子工作
ヒノエレ WebShop http://hinoelectronics.com/
日野エレクトロニクスは電子キットで工作の愉しさを訴求しています。




新製品の準備中です。

USBケーブルの長さを調整出来ないのかな??。
・・・・それを実現した基板です。

USB RJ45延長基板
ちょっと実験的な基板です。
信号波形の乱れがあります。
・・・ですので動作保証は出来ません。

もともとは、部屋のステレオの配線を何とかしたいと
思って作ったものです。
デジタルで伝送するとロスレスですし、アクティブ
スピーカーも駆動したい。
そんなわがままな配線材料は売っていません。

概要
・RJ45に外部から12V~18Vを供給します。
・延長された側で電圧を5Vに降圧してUSB機器に供給
・PC側からのVBUSの5Vは未使用です。
・ケーブルを使った場合の5Vの電圧降下がなくなります。


日野エレクトロニクス  HPB電子工作
ヒノエレ WebShop http://hinoelectronics.com/
日野エレクトロニクスは電子キットで工作の愉しさを訴求しています。
IPアドレス: 54.221.9.6
Copyright © 2018 日野エレクトロニクス. Hino Electronics Hino Electronics / Hino-City Tokyo Japan